やんの療育ブログ

放課後等デイサービスインハーシューズの管理者やんの療育ブログ

ソーシャルスキルトレーニングによって発達の凸凹をなくす

こんにちは


放課後等デイサービスインハーシューズの管理者のやんです。


毎日暑いですね。もう暑くてバテバテの私ですw



さて本日は放課後等デイサービスの役割の四つ目


ソーシャルスキルトレーニングにやって発達の凸凹をなくすを書きたいと思います。



インハーシューズではこども一人ひとりの発達の凸凹をまず把握しよう


ということで脳バランサーキッズを導入しています。


脳バランサーキッズとはなんぞや??と思うと思います。



脳バランサーキッズとは大画面のタッチパネルを使い、遊びながら


簡易発達検査ができるというソフトです。


簡易発達検査といってもWISC-IVと相関性のあるデジタル認知テストです。

こういう様なグラフで出てきます。


これでこども一人ひとりの発達の凸凹を把握します。


この発達の凸凹を改善するソーシャルスキルトレーニングについて書きたい


と思います。



見学・体験等随時受け付けていますので、気軽にご連絡ください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。