やんの療育ブログ

放課後等デイサービスインハーシューズの管理者やんの療育ブログ

ソーシャルスキルトレーニングによって発達の凸凹をなくす

こんにちは


放課後等デイサービスインハーシューズの管理者のやんです。


毎日暑いですね。もう暑くてバテバテの私ですw



さて本日は放課後等デイサービスの役割の四つ目


ソーシャルスキルトレーニングにやって発達の凸凹をなくすを書きたいと思います。



インハーシューズではこども一人ひとりの発達の凸凹をまず把握しよう


ということで脳バランサーキッズを導入しています。


脳バランサーキッズとはなんぞや??と思うと思います。



脳バランサーキッズとは大画面のタッチパネルを使い、遊びながら


簡易発達検査ができるというソフトです。


簡易発達検査といってもWISC-IVと相関性のあるデジタル認知テストです。

こういう様なグラフで出てきます。


これでこども一人ひとりの発達の凸凹を把握します。


この発達の凸凹を改善するソーシャルスキルトレーニングについて書きたい


と思います。



見学・体験等随時受け付けていますので、気軽にご連絡ください。

見学・体験会開催!!

こんにちは


放課後等デイサービスインハーシューズの管理者のやんです。


今回は宣伝を


7月8日(日)に見学・体験会を開催します。


脳バランサーキッズって何?


簡易発達検査って何?


どういう療育をするの?


大きくなってから困らないような生活能力の向上って何?


体験学習ってどんなことするの?


等疑問に思う事は


ぜひ一度来ていただき、見て行ってほしいです。





見学・体験等随時受け付けていますので、気軽にご連絡ください。

仕事や作業が行えるだけの集中力

こんにちは



放課後等デイサービスインハーシューズの管理者のやんです。



しばらくブログサボっていてすいません。



さて本日は大きくなってから困らないような生活能力の


4つ目、仕事や作業が行えるだけの集中力。について書きたいと思います。



大きくなって仕事やA型やB型にいったときに集中力が続かなかったら


仕事になりません。



だからインハーシューズでは少しでも集中力がつくように努力しています。


その一つとしまして、静の活動と動の活動はなるべく交互に行っています。


動の活動(体を動かした)の後に静の活動(始まりの会など座る)をする


ことによって集中力・落ち着きが出ると言われています。


インハーシューズでは

こういったスケジュールにして動の活動と静の活動を交互に行っています。


ところには静と静になってるところもありますが・・・






見学・体験等随時受け付けていますので、気軽にご連絡ください。